pallas fishing report

2018.06.17 フライ 午前便 シーバス好調! サーフェイス・ミノー65.0㎝まで 後半ちょっとシロギス^^
コピー ~ L1310196
本日も透明度5m以上の凄い澄潮で、経験豊富なゲスト様だけに
『こんな澄潮でサーフェイス・ミノーで出るんですか?』と半信半疑・・・
しかし、ゲームを開始した途端にその概念も吹っ飛ぶバイトの嵐(笑)
1キャストでヒットしなければボート際までバイト出っ放しの状況にゲスト様もビックリ^^

コピー ~ L1310210
キャッチする度に選手交代^^

コピー ~ L1310207
後ろではストリーマーで^^

コピー ~ L1310202
前ではサーフェイス・ミノーで^^

コピー ~ L1310205
とにかく、バタバタと釣りまくりでしたが、
次第にバクバクモードのスイッチOFFとなり、ポイント移動~

コピー ~ L1310219
ポイントを変え2か所目、H氏が絶妙なロングキャストを決めて2ハンドでリトリーブすると・・・ ヘッド&テイルでもの凄い激しいバイト! 次の瞬間ロッドが弧を描きフライが口に入ったものとCpも確信^^ H氏は腋に挟んだロッドを持ち替えることなくしっかりホールドしたままファイト続行~ 完全にアドバンテージをとったところで腋からロッドを持ち替え、後は余裕のランティングとなりました。 計測すると65.0㎝のGOODサイズ^^! いやぁ~ 経験の成せる技とでも言いましょうか・・・ 見事なファイトでした(拍手!)

コピー ~ L1310222
そして、選手交代・・・ ここからはフライへ反応してくるシーバスは多いものの、澄潮のせいか寸前で見切ってUターン連発でなかなかバイトに持ちこめない状況・・・ しかし、集中力を絶やさず丁寧にジックリとサーフェイス・ミノーを操り、ここでM氏も本日最大の56.0㎝をキャッチ~^^  ファイト時には、普段濁ってるとなかなか見れない水中でのボトムに突き刺すように潜るシーバスの動きや、反転した瞬間などに『あっ、この時にバレるんだな』とか、をジックリ観察できました^^(笑)

そして、後半の1時間くらいは、たまにはお土産でも持って帰ろうという事で、のんびりシロギスゲーム^^

コピー ~ L1310225
イシモチも混じって20匹くらいキャッチ~ クロダイも混じりました(笑)
 
コピー ~ L1310226
最大25.5㎝で良いお土産になりましたネ~ ありがとうございましたm(__)m